同じ声の仕事でもこんなに違う!声優とアナウンサーの違いとは

声優という仕事について

一昔前であれば、声優さんの仕事といえばアニメのキャラクターに声を吹き込むというものが主でした。ところが、最近では海外で放送されていたドラマや、映画などに出演している役者さんの吹き替えを担当するという仕事も増えています。それ以外にも、ラジオドラマやテレビゲームの登場人物の声を担当するといった場合もあります。
声優さんの中には、アイドル並みの容姿を持っている人も少なくないです。そのため声優さんたちを集めてイベントが開催されることもあるのです。さらにその中でも人気の高い人であれば、単独でコンサートを行うケースも珍しくなくなってきています。声優さんでありながら、タレントさんのようにテレビに出る人もいます。

アナウンサーの仕事について

アナウンサーと一口に言っても、大きく分けて二通りの人がいます。
一人は放送局に勤めていて、いわゆるサラリーマンやOLといった立場で、こちらをアナウンサーと呼ぶのが一般的です。それに対して、個人でやっていたり、芸能事務所に所属していたりする人のことをフリーアナウンサーと言います。
基本的には、報道番組などでニュースを読むのが主な仕事になっています。他にも番組のアシスタントやインタビュー、番組のナレーションといった仕事も担当しています。ただし、フリーのアナウンサーの場合は、ニュース原稿を読む機会は少ないです。その反面、評判の良いフリーアナウンサーともなれば、メイン司会者となって番組を持つなどといったこともあります。

声優の養成所の学費は養成所によって異なりますが、安くて数十万円台、高くて二十万円以上です。専門学校は百万円を上回ることもありますから、自分に合った養成所選びをしましょう。