プロを目指そう!声優になる方法とは

声優になるためには事前にボイストレーニングが必要

近年役者業界でも声に特化してアニメや洋画などを吹き替えをする声優が人気になっていますが、ただ漠然とどうやったら声優になれるのか知らない人も多いといえます。声優になるためには、まず演技の勉強の前に声の強弱をしっかり理解してコントロールできる力が必要になります。そのコントロールする力を身に着けるためには、やはり声の強弱の意味を理解させるボイストレーニングを受けることから始めることが肝心です。ボイストレーニングでは普通の話し方ではなく、歌手や役者が出す声にするための基本である腹式呼吸の習得からピアノを使った音程の強弱を行います。中学生以下や大学生の年齢であればボイストレーニング専門のセミナーを受講することで習得する流れになりますが、高校生の年齢であれば声優になるための科目がある学校があるので入学するというのも手です。

声優になるための流れ

ボイストレーニングの習得が終われば、次から声優になるための方法をいくつか紹介します。一つ目はやはり声優学校及び事務所に入所することであり、入所すれば3年間は演技の勉強をしつつ実際にアフレコに携わり経験を積んでいきます。そして最低でも3年間を演技の勉強を行った後に、学校で卒業試験を合格しその後各声優事務所と専属契約を行うことで晴れて声優になれます。それ以外では先に言ったとおりに高校や大学で声優になるための専門学科があるところに入学し、そこで演技の勉強と発生の練習そしてアフレコを3年間以上行います。その後は声優学校と同じく卒業試験を受けて、その卒業試験を見に来ていたスカウトに認められ契約をすればよいということになります。これまではこの2つがメインだったのですが、現在では門戸を広げるためにの素人オーディションを突破するという方法もあります。